バイナリーオプションは各社それぞれ特徴があります

By: Michael Gil

FXは少額からでも取引が可能で10000円ほどあれば気軽にできます。しかしながらもっと少額でできるバイナリーオプションというのがあるので、大金は賭けることはできないけどFXをやってみたいと思うならバイナリーオプションがお薦めです。

バイナリーオプションは色々な会社が出しているのでそれぞれの会社の特徴を掴むようにすると違いがわかります。満期の時間ですが各社それぞれ異なるので、違いを知るなら満期時間を全部把握しておくと良いかもしれません。

例えばGMOクリックなら満期は奇数時の0分、ブライムだったら偶数時の0分。オプトレなら奇数時の25分、ヒロセなら偶数時の25分、みんなのバイナリーなら偶数時の10分になります。それぞれ特徴があり、バイナリー用のチャートが用意されているのがヒロセだったり、未来予想チャートが参考になるのがプライムだったりといろいろあります。

デモトレードも用意されているので仮想で取引ができます。デモトレードで使いやすいのはGMOクリックです。実際の取引画面と同じように売買できるので練習するのに最適です。みんなのバイナリーでもデモ取引がすぐにできます。しかし、みんなの方はブラウザを閉じると取引記録が消えてしまうので満期になるまでブラウザは開きっぱなしにしておくと良いです。

実際に取引するときのコツは、オプトレはレンジインやレンジアウトがあるので、波が荒いときはレンジアウト、波が穏やかなときはレンジインにするなどして使い分けると良いかもしれません。レンジインはラダーよりも少ない金額でポジションが取れるのでリスクは小さいです。満期直前になるに従ってチケットの金額も上がってくるので、この先動きそうもないなと思ったら早めのエントリーすることでリターンも大きくなります。

FXをしていた方が時間制限がないので儲けやすいですが、少額でFXをするならバイナリーでもできるのでそこから大きく増やしてFXにつなげていくことも可能です。